100年の歴史と挑戦

1920年、創業。
地元で愛されるお菓子を
目指して。

大正9年(1920)に初代・石川律治が東京での修行を終え、
伊那市中央区にて「菓子司石川」を開店しました。

創業当初は、小売店への菓子の卸売が販売の中心で、商品を自転車に積み、
早朝から店の近くの集落の小売店をまわって売り歩き、一日の商売で得たお金で原料を仕入れ、
夕刻より製造。明朝また販売に出るという文字通り自転車操業でしたが、
他店よりも早くから小売店をまわる勤勉さもあって、徐々に信用と評判を得ました。

写真で振り返る、石川の思い出

菓子庵石川 古い写真
1960年頃 店頭の様子。ケーキと和菓子が並ぶ
菓子庵石川 古い写真
1960年頃 スタッフと
菓子庵石川 古い写真
1960年頃 クリスマスケーキの販売
菓子庵石川 古い写真
1962年 増築オープンのお祝い
菓子庵石川 古い写真
1969年 改装オープンの記念に
菓子庵石川 古い写真
1970年 旧市役所からお店を望む

年表

1920年
伊那市中央区にて創業
1922年
当時新興の通り町商店街の裏通りに移転
1949年
通り町火災にて焼失後、食堂、二階貸席を併設
1952年
2代目、石川庄蔵を代表として「有限会社石川」設立
菓子庵石川 一番古い写真
1960年代
チーズクッキー販売開始
当時はクッキーもチーズも珍しい時代。その2つが一緒にお菓子になったということで人気を博し、味も日持ちも良かったことが消費者に受け入れられました。
その後、味もパッケージも少しずつ変化してきました。
地域一番店であり、お菓子屋さんの修行なら、「まず、石川で」と言われました。
1961年 社屋完成・社員寮併設、1966年、伊那北店新設
1970年頃
店名を「ベテル石川」とする。
1982年
ベルシャインへ出店
1987年
伊那北店 改装
1990年
3代目 石川潔 代表就任
本店改装に伴い、食堂、貸席を終了。
店名を「菓子庵 石川」に改名。
菓子専門店としておいしいお菓子、伊那のお菓子を前面に訴え再出発しました。
ちいずくっきいを主体として市内販路を拡大。
伊那銘菓としての地位を確立していきました。
2015年
4代目、石川信頼、代表就任
菓子庵石川 古い写真 菓子庵石川 古い写真

未来へ

菓子庵石川
2020年10月 スタッフ
菓子庵石川新社屋
2021年新店舗&工場完成予定

菓子庵石川は、2020年で創業100年を迎えました。
今までいただいた御恩を忘れず、これからは皆様に恩を送り、次の100年を目指して仕事に励んでまいります。

100周年特設ページへ